ダイハツ D-X(東京モーターショー11)《撮影 トヨサキジュン》

「既存のスポーツカーからはなるべく離れたかった」というのは技術本部の岩村卓さん。第42回東京モーターショーにダイハツ工業が出展した『D-X』は、タフでアグレッシブさをコンセプトにデザインされている。

ボディは、「ディメンジョン的に分厚くなってしまいましたので、薄く見せるために、上下を赤と黒とで分けることで、赤い部分が薄く見えるように気を使っています」。

そして、「ホイールも17インチでちょっとやんちゃな感じを醸し出しました」と笑う。

インテリアも特徴的だ。「金属風の構造体をむき出しにすることで、スパルタンな雰囲気が作れないかなとトライしました」とする一方、「シートやステアリング、ドアグリップなどは本革を採用し、機械的なごつい部分と、手に振れる本革の部分の質感のコントラストによって、ちょっと違った新しい感覚が表現しています」。

岩村さんは、「スポーツカーとはこうだよねという既成概念があって、それはそれで大事だと思います。しかし、そこから一歩離れて、走る形として、タフでアグレッシブな気持ちをストレートに形に落とし込んだらどうなるんだろうか。そういうピュアな部分が、ピュアなままの形で表現できたと思います」と語る。

D-Xは2気筒エンジンを搭載しており、「このエンジンも軽やかに回るというよりは、ドカドカと鼓動を感じながら走る雰囲気です。ボディのかたまり感と相まって、新しいスポーツカーの世界観が表現出来ていると思います」と、コンセプトどおり、既存のスポーツカーとは違うことを強調した。

ダイハツ D-X(東京モーターショー11) ダイハツ D-X(東京モーターショー11)《撮影 トヨサキジュン》 ダイハツ D-X(東京モーターショー11) ダイハツ D-X(東京モーターショー11)《撮影 豊崎淳》 ダイハツ D-X(東京モーターショー11)《撮影 豊崎淳》