スズキ・レジーナ(東京モーターショー11)

スズキが第42回東京モーターショーに出展した『レジーナ』のインテリアは、シンプルなデザインとアグレッシブなデザインの両方が見られる。

四輪デザイン部先行デザイン課の結城康和さんは、「構成としてはすごくシンプルですが、造形はエクステリアに合わせながら、曲面やインバース面を多用してバランスを取っています」とする。

センターに透明な薄いディスプレイがあり、これは浮かんでいるように見えることから、フローティングインターフェイスと呼ばれている。「ここはメーターとナビを集約しました。どうやって映しているのかと不思議に思われるかもしれませんが、きちんと作動します。普通に作るとごつい箱になってしまいますが、そうではなく、すっきりと軽くして、全体の軽量化のコンセプトともリンクしているのです」。

インテリアカラーも、アナログの温かみのあるところと、モザイク柄の組み合わせによってデジタルに見えるところなど、ミックスした面白さを、色彩を含めて表現しているという。

カラーを担当した四輪技術本部四輪デザイン部カラー課の赤池宏文さんは、「ドアを開けたときに、エクステリアやインテリアの造形とカラーがマッチングして、エコカーだけど楽しそうだなという第一印象を持ってもらえると思います。まさにそれがこのクルマなのです」と述べた。

スズキ REGINA(東京モーターショー11)《撮影 安藤貴史》 スズキ REGINA(東京モーターショー11)《撮影 安藤貴史》 スズキ REGINA(東京モーターショー11)《撮影 安藤貴史》 スズキ REGINA(東京モーターショー11)《撮影 安藤貴史》 スズキ REGINA(東京モーターショー11)《撮影 安藤貴史》