スズキ e-Let's(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》

パナソニックグループは、スズキが2012年1月から発売する電動スクーター『e-Let's』向けに「電動駆動システム」を供給する。

今回供給する電動駆動システムは、パナソニックグループが基本開発した高性能インホイールモーターと高効率制御回路に、民生用リチウムイオン電池を使った動力用電池システム、専用充電器を組み合わせたもの。

環境対応車として自動車や二輪車など車両の電動化が加速している。パナソニックグループは、電動アシスト自転車市場に参入した経験を活かし、駆動用モーターと制御回路に関する技術を蓄積してきた。2010年9月にはスズキと共同で電動スクーター試作車向けの回生充電可能な高性能インホイールモーターと高効率制御回路の用途開発に成功し、実証実験を進めてきた。

これまでの長年にわたるモーター制御技術と二次電池技術のノウハウを、今回の小型車両電動化のための基幹部品となる高性能インホイールモーター、高効率制御回路、動力用電池システム、専用充電器の開発に活用、これらを組み合わせて市販車両へ搭載可能とした。

今後は電動化を推進する車両メーカーに小型車両用電動駆動システムとして導入していく方針だ。パナソニックグループでは今回のスズキの電動スクーター向け電動駆動システムの供給を機に、新たな市場の創出・拡大を目指していく。

スズキ e-Let's(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 スズキ e-Let's(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》