ホンダ EV-STER (東京モーターショー11)《撮影 安藤貴史》

ホンダが第42回東京モーターショーに登場させた『EV-STER』は、全体がモノフォルムのアウトラインになるようなデザインが特徴的である。

エクステリアデザインを担当したデザイン開発室第1ブロックの杉浦良さんは、ドアパネルとフロントフェンダーの関係も非常に特徴的だと話す。足回りを強調しようという意図と同時に、「フロントフェンダーから始まった立体構成は、リアに向かって、キャビンがぐっと絞られていくのです。その絞ったセンターのキャラクターラインから、リアフェンダーが逆に出てくることで、リアフェンダーが強調される。ここが一番のテーマです」。

「これらが3次元的に行われ、サイドパネルのセクションが、非常にエモーショナルになりました」と話す。

杉浦さんは、製作期間が短期間だったと振り返る。しかし、「あまり時間をかけてこねこねやっていくと、迷いが生まれて、雑念が入ってきてしまいがちです。今回はスピード感を持って開発し、粗削りですが、デサインにすごく勢いが出ました」という。

「細かいところには神経を使っていますが、最初の勢いは失いたくなかったのです」

ホンダ EV-STER (東京モーターショー11)《撮影 安藤貴史》 ホンダ EV-STER (東京モーターショー11)《撮影 安藤貴史》 ホンダ EV-STER (東京モーターショー11)《撮影 安藤貴史》 ホンダ EV-STER (東京モーターショー11)《撮影 安藤貴史》 ホンダ EV-STER (東京モーターショー11)《撮影 安藤貴史》