日産リーフ《撮影 椿山和雄》

日産自動車と中国の合弁会社東風汽車は12月8日、広州市人民政府に対し15台の電気自動車『リーフ』を納車したと発表した。

これは、2009年11月22日に広州市政府、日産自動車、東風汽車の3者で締結したゼロ・エミッションモビリティの推進に向けたパートナーシップ契約に基づくもの。東風汽車の乗用車事業部である東風日産乗用車に近接する花都新体育館で広州市政府への贈呈セレモニーが行われた。

東風日産の松元史明総経理は、セレモニーで「これから広州市政府の皆さまと共同で実施するパイロットプログラムを通じて、中国における省エネルギー・環境保護の取り組みに積極的に貢献していきたいと考えている」と述べた。

今後は、東風日産を窓口として広州市花都区を中心に展開されるパイロットプログラムをサポートしていくとともに、中国市場で本格的な電気自動車普及に向けて広州市政府と様々な共同作業を進めていく計画。

東風日産と広州市政府は今後、リーフによる走行実験を通じて中国市場での電気自動車の使用方法、最適な充電インフラのあり方など、基礎データを収集する。また、ユーザーの電気自動車使用時の状況を研究し、今後の中国ユーザーのニーズに合った車両開発に役立てる。

今回のリーフ納車にあわせ、日産は2基の急速充電器を進呈した。また、広州市政府によりすでに15基の普通充電器が市街地を中心に設置されている。

東風日産の松元史明総経理(参考画像)《撮影 土屋篤司》