スズキ e-Let's(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》

スズキは、原付一種の電動スクーター『e-Let's』を2012年1月9日から発売すると発表した。

同社は低騒音、低振動、排出ガスゼロで、これまでエンジンスクーターを利用してきたユーザーが、違和感なく乗り換えられる実用的な電動二輪車の普及を図ることを目的として、原付一種電動スクーターの開発を進めてきた。

新型車は原付一種スクーター『レッツ4バスケット』の車体をベースに、回生充電が可能な高性能インホイールモーターとリチウムイオン電池を組み合わせ、電動スクーターならではの滑らかな加速と軽快な走りに加え、専用充電器を除く装備重量をレッツ4バスケットに対し2kg軽い車両にした。

バッテリーの状態を監視するバッテリーマネジメントユニットを内蔵したリチウムイオンバッテリーを搭載。車体から取り外して充電できる着脱式で、1回の充電(家庭用100Vで約4時間)で30kmの航続走行距離(30km-h定地走行テスト値)を可能とした。

また、シート下に専用充電器またはスペアバッテリーを収納することができ、外出先で充電する際の利便性を高めた。また、充電済みバッテリーと替えることで走行距離を延ばすことができる。

新型電動スクーターはバッテリー1個に専用充電器を装備した基本仕様に加え、スペアバッテリー1個を追加して行動範囲を広げた「e-Let's W」も設定する。

販売目標はシリーズ合計で1000台。価格はe-Let'sが31万2900円。

スズキ e-Let's スズキ e-Let's(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 スズキ e-Let's スズキ e-Let's スズキ e-Let's