ホンダCR-V新型(東京モーターショー11)≪撮影 小松哲也≫

ホンダのSUV『CR-V』の開発責任者代行を務める本田技術研究所の森昭彦氏は、「一番のライバルは先代のクルマです」と言い切る。

その理由について森氏は「CR-Vは全世界でナンバーワンを獲っているので、先代を超えることがナンバーワンを獲ることになる」と話す。CR-Vは現在、約160か国で年間50万台以上販売されており、ホンダではSUVカテゴリーで世界トップの販売実績としている。

ただ、日本市場での直近の販売実績は月300台レベルと、日産自動車『エクストレイル』(11月登録実績2025台)やトヨタ自動車『ヴァンガード』(同1699台)といったミッドサイズSUVのライバル車に大きく水をあけられているのが現状だ。

それだけに森氏は「日本でなぜ3代目がナンバーワンを獲ってないのか我々にとってとても不思議」とした上で、「ここでまたトップを獲れば、まさに全世界包囲網となり、我々は自分たちがライバルだといえると思っている」と述べた。

ホンダCR-V新型(東京モーターショー11)≪撮影 小松哲也≫ 本田技術研究所・森昭彦氏≪撮影 小松哲也≫