ホンダ新型CR-V≪撮影 小松哲也≫

ホンダのSUV『CR-V』は今回の全面改良で、新たに日本市場向けに2.0リットルモデルを設定した。CR-Vの開発責任者を務める本田技術研究所の外村明男LPLは「やっぱりお膝元で売れてほしいわけです」と、その理由を明かす。

CR-Vは1995年に発売された初代から「ひとつの骨格で全世界に共通に売れるものを目指してきている」という。しかし、今回の全面改良で4代目となる新型CR-Vには日本市場向けだけに2.0リットル・FFモデルが追加された。

外村LPLは「日本専用にしたというのは、やっぱりおひざ元で売れてほしいわけです。不思議というか、全世界でこれだけ認められているんですよ、アメリカが(年販)20万で中国が14万、日本だけが…。だから復権したいんです」と、日本専用仕様への並々ならぬ思いを語る。

ホンダによると日本での直近の販売実績は月300台レベル、新型では月1500台が販売目標となっている。なおCR-Vの営業を担当するホンダの営業開発室の平手秀樹氏は、日本専用の2.0リットルモデルと全世界共通の2.4リットルモデルの販売比率について「半々とみているが、事前の受注の比率では48対52で、ちょっと2.4が多い状況」としている。

本田技術研究所・外村明男LPL≪撮影 小松哲也≫