ダイハツ FC商CASE(東京モーターショー11)《撮影 豊崎淳》

ダイハツ工業が第42回東京モーターショーに出展した『FC商CASE』は、軽自動車サイズで、液体燃料電池という軽自動車の未来の可能性を広げてくれる技術が詰まっている。

商品企画本部仮説商品検討グループの内田拓也さんは、この未来の可能性を表現するために、「自動車の形の可能性も最大限に広げよう、そして、空間を広げようと考えていったら、四角くなっちゃいました」と笑う。

しかし、四角いボディでは空力が悪化し、航続距離に影響が出かねない。内田さんは、「確かに空力のことを問われるとよくはないです」と認める。しかし、「これは軽自動車です。何百キロとスピードを出すわけでもないのです。それよりも荷物が積めたり、プレゼンテーションのスペースになったりということの方がユーザーには魅力的ではないかと思っています」という。

では、どのような使い方を想定しているのか。「前回の東京モーターショーで出展した『デカデカ』と同様、大きなモニターを積んでいますので、クルマとして目立つと思います。そこで、ビジネスユースにしても、プライベートユースにしてもここを表現の場としてほしいですね。このクルマを使ってぜひ自分をアピールする場になってくれると嬉しいですし、もしかしたら男の隠れ家的なものになるかもしれません」と語った。

ダイハツ FC商CASE(東京モーターショー11)《撮影 豊崎淳》 ダイハツ FC商CASE(東京モーターショー11)《撮影 豊崎淳》 ダイハツFC商CASE(東京モーターショー11) ダイハツ・デカデカ ダイハツ・デカデカ