MINIペースマンコンセプト《撮影 内田俊一》

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、第42回東京モーターショーにおいて、コンパクトブランドMINIから世界初のスポーツ・アクティビティ・クーペである『MINIペースマンコンセプト』を出展した。

「基本的には『MINIクロスオーバー』をベースに、クーペにした派生車種。正式に生産が決まり日本へも導入が決定しています」とは、MINIマーケティングディビジョンプロダクト・マネジメントマネジャーの佐藤毅さん。つまり、ミニに対するクーペと同様に、クロスオーバーに対するクーペがこのペースマンコンセプトということだ。

その日本市場でのターゲットは、「クルマがすごく好きな方で、今までのミニでは飽き足らない。しかし、荷物も人も乗せたいという欲張りな人です」とする。また、「MINIクロスオーバーよりはエレガントさや個性を主張したい、あるいは希少性を求める人もターゲットになるでしょう」という。

今回新たに登場した、『MINIクーペ』との関係はどうなのだろう。佐藤さんは、「MINIクーペは純粋にミニなりのドライビングプレジャーみたいなものを楽しんでもらうモデルです」と定義し、このペースマンは、「それ以上にライフスタイルにも非常に気にかけていて、例えば、スキーをするのであれば後ろに用具を載せられる。しかし、デザインもすごくこだわりたいという方がターゲット」とし、差別化は出来ていると話す。

そのデザインは、「AピラーからCピラーに向かってかなり絞ったいかにもクーペらしいルーフ形状しており、エレガントな感じを持ってもらえると思います」。その一方で、「非常に存在感のあるフェイスは、押しも強い。マッスル感とエレガントさが良い感じに中和されているクルマなのです」と語った。

MINIペースマンコンセプト《撮影 内田俊一》 MINIペースマンコンセプト《撮影 内田俊一》 MINIペースマンコンセプト《撮影 内田俊一》 MINI ペースマン(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 MINI ペースマン(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》