ダイハツ ミライース

タイムズ24は8日、2012年1月17日より大阪府池田市と協働で、地元企業ダイハツが提供する車両を使った、カーシェアリング事業を実施すると発表した。

今回、ダイハツは軽乗用車『ミライース』と『ムーヴ』計10台を無償提供し、池田市の公共施設(病院・消防署・カルチャーセンター)や商店街の駐車場等に設置、タイムズ24は、同社のカーシェアリングサービス「タイムズプラス」としてカーシェアリング事業を実施する。

環境に配慮したライフスタイルの提案を推進すると共に、池田市内の移動が困難なエリア等での交通利便性の向上や地域活性化を図る事を目的として、2012年1月より順次車両を配備しサービスを開始する。

タイムズ24では、池田市民の方のカード発行料を無料とし会員化を促すほか、対象ステーションを利用した会員向けに車両に関するアンケートを実施し、アンケート結果をダイハツへ提供する。

自治体が運営委託料を拠出せず、自動車メーカーが自治体に無償提供したクルマを用いて、自治体と運営事業者が協働で実施するカーシェアリング事業モデルは全国初の取り組みとなる。

ダイハツ ムーヴ 事業モデルイメージ図