今年5月、岩手県奥州市内でガソリン代金を踏み倒して逃走しようとした際、これを追跡していた白バイ隊員をクルマではねて重傷を負わせたとして、詐欺や自動車運転過失傷害などの罪に問われた21歳の男に対する判決公判が5日、盛岡地裁で開かれた。裁判所は被告に対して懲役3年6か月の実景を命じている。

問題の事件は2011年5月15日の午後3時30分ごろ発生している。奥州市水沢区羽田町付近の市道で、ガソリン代金を踏み倒したとして白バイの追跡を受けていた乗用車に対し、白バイに乗車していた43歳の巡査長が職務質問のため接近しようとしたところ、このクルマが急にバック。巡査長はクルマの下敷きとなり、一時意識不明となる重傷を負った。

クルマに乗っていた若い男女はその場に車両を放置して逃走したが、警察は後に21歳の男と、17歳の少女を逮捕した。その後の調べで2人は関東地方に在住していることが判明。4月26日から事件当日までの間、所持金が無いにもかかわらず、各地のガソリンスタンドで料金を踏み倒していたこともわかった。検察は男を詐欺や自動車運転過失傷害などの容疑で起訴していた。

5日に開かれた判決公判で、盛岡地裁の中島真一郎裁判官は「負傷した警官は元の職務へ復帰ができないほどの状態であり、その罪は重い」と指摘。被告の男に対して懲役3年6か月の実刑判決を言い渡している。