ダイハツD-X(東京モーターショー11)《撮影 内田俊一》

ダイハツ工業は第42回東京モーターショーに、“オンリーワンの存在感を放つタフでアグレッシブな”スタイリングを特徴とする『D-X』を出展した。

取締役社長の伊奈功一氏は、「特徴的なスタイリングや、様々なバリエーションが楽しめる樹脂ボディなど、走りの喜びを追求したオンリーワンの存在感を放つ新感覚のスポーツモデルとして開発しました。ボディの軽量化などにより余裕の走り、軽快な操作性、洗練された乗り心地を実現し、走る喜びを未来へと伝えています」と説明する。

技術本部の岩村卓さんは、まず同社の『コペン』について、「小さくても、地面にへばりつくようなスポーツカーの王道を行くスタイルです」としたうえで、「これとは違った価値観でスポーツカーを作れないかというところがD-Xの始まりです。コペンではないスポーツカーを作ろうということなのです」。

「スポーツカーは流麗でエレガント、スリークなイメージです。そうではなく、タフでアグレッシブという感じでのスポーツカーを作ったのです」

ダイハツD-X(東京モーターショー11)《撮影 内田俊一》 ダイハツD-X(東京モーターショー11)《撮影 内田千鶴子》 コペンで培った技術が継承されたD-X(東京モーターショー11)《撮影 大野雅人》 ダイハツ D-X(東京モーターショー11)《撮影 内田俊一》 ダイハツ D-X(東京モーターショー11)《撮影 内田俊一》