三菱自動車本社ショールームにて、三菱自動車の益子社長(右)からキーを受け取るヤマト運輸山内社長

ヤマト運輸は8日、100台の発注・導入を決定した三菱自動車の軽商用電気自動車『ミニキャブMiEV』の第1号車が納車されたと発表した。

ヤマト運輸では、環境にやさしい次世代車の普及促進を目指し、2010年10月から三菱自動車と共同で軽商用EVの試作車2台を使った集配実証走行試験を実施。宅配事業に対応可能と判断し、試作車と同タイプのミニキャブMiEVを本格導入することとなった。

同社では、導入を決定している100台のうち30台を、東京羽田、同銀座、京都に今年度中に配備する。

実証実験で京都嵐山付近を走るクロネコヤマト(三菱ミニキャブMiEVプロトタイプ)《撮影 杉山淳一》 実証実験で使用されたヤマト運輸のミニキャブMiEVプロトタイプ。《撮影 宮崎壮人》