日産リーフ

日産『リーフ』に10点を入れた。異論反論は多数あるものの、なんだかんだで新たな世界を構築しようとしている今の日産の姿勢には共感を覚える。

確かに電気自動車は「まだまだ」だろうけれど、だからといって歩を進めなければ「まだまだ」と言われる土俵にも上がった事にはならない。確かに「見切り発車」の部分もあるだろうが、全てを揃えてから始めようとすれば何年先になるか分からない。

そういう風に考えて行くと、やはりなんだかんだで「有言実行」を評価したい。よくよく考えてみれば、存在しなきゃ文句すら言えないのだ。

その次元からすると、日産がリーフを送り出し様々な取り組みをしている、という事実は、遥かに前へ未来へと進んでいる。

「始めなきゃ、始まらない」

今年は様々な物事が停滞したけれど、改めてそう思わせてくれたのは自動車では間違いなく日産リーフではないか。


河口まなぶ|自動車ジャーナリスト
1970年5月9日茨城県生まれAB型。当初から一貫して“自動車の楽しさ気持ち良さ”を追求し続け活動を行う。雑誌、web、TV、新聞のみならず、ユーザーと直接対話するイベントも開催している。自身のブログ「まなブログforみんカラ」は月10〜20万アクセスを記録する人気ブログ。また自身の動画サイト「Manavideo」チャンネルをyoutubeにて展開中。Twitterをベースにしたweb上の自動車部であるLOVECARS!も主宰。

日産リーフ 日産リーフ《撮影 椿山和雄》 日産リーフがCOTYを受賞《撮影 椿山和雄》 日産リーフがCOTYを受賞《撮影 椿山和雄》