石油情報センターが発表した石油製品の店頭小売価格の週次調査によると、12月5日時点でのレギュラーガソリンの全国平均価格は1リットル当たり143.6円で前の週と比べて0.1円値下がりした。

小幅な値下がりながら6週間ぶりに価格が下落した。原油価格は高水準にあるものの、需要が低迷している中で販売競争の激化で下落基調に転じた模様。

都道府県別では値下がりが26都道府県、値上がりが12県、横ばいが9県だった。

ハイオクガソリンは0.1円下がって154.4円、軽油は横ばいの124.3円だった。