業務車両を使ったEV優先シェアリング 日産が実証実験

日産自動車は、12月8日から業務車両の低炭素化を目指し、企業内のEV優先シェアリングシステムを活用した実証実験を開始する。

環境に配慮した次世代交通の推進のために、横浜市と取り組んでいる「ヨコハマ・モビリティ・プロジェクトゼロ(YMPZ)」の一環で、横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)対象エリアのひとつである「みなとみらい21エリア」で実験参加企業の協力によって実施する。期間は2012年3月末まで。

実験では、各参加企業の業務車両として日産が貸与した電気自動車(EV)『リーフ』と、参加企業保有のガソリン車を合わせて利用。日産が開発した車両予約システムによる効率的な運用について実証する。

リーフと参加企業保有のガソリン車を車両予約システムに接続し、EVの消費電力や充電時間などを考慮した配車スケジュールを行うとともに、EV充電量をモニターし、EV利用者自らが充電量を気にすることなく、目的地に応じた配車を行う。

実験には横浜銀行本店(リーフ2台、ガソリン車2台)とNTTドコモ神奈川支店(リーフ2台、ガソリン車11台)が参加する。