マツダ・デミオに搭載されるSKYACTIV-Gエンジン

マツダは、新世代高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」の高圧縮比ガソリンエンジン燃焼技術開発が2011年度日本燃焼学会「技術賞」受賞したと発表した。

同賞は、燃焼応用技術の研究・開発に顕著な功績を残した個人またはグループに贈呈される。

「高圧縮比ガソリンエンジンの燃焼技術」を開発したマツダのパワートレイン技術開発部の養祖隆氏、藤川竜也氏、山川正尚氏とエンジン設計部の西本敏朗氏が受賞した。

SKYACTIV-Gは量産車用としては世界初の14.0という高圧縮比を実現、従来のガソリンエンジンに比べて出力・燃費ともに15%向上させた。『デミオ』、『アクセラ』に搭載されている。

今回の受賞では、現行のガソリンエンジンに比べ、はるかに高い圧縮比を採用し、出力を確保しながら、部分負荷での熱効率を大幅に向上することができる点や、さらなる燃焼の熱効率向上の可能性を示し、燃焼技術の研究開発の加速・発展に貢献したことが高く評価された。