中部電力と静岡ガスは、カタールガスとの間でLNG購入契約を締結したと発表した。

中部電力、静岡ガスが、2016年から2021年までの6年間、年間約20万トン、合計約120万トンのLNGをカタールガスから購入する。中部電力、静岡ガスの購入数量の内訳は、中部電力、静岡ガス間で取り決め、カタールガスに通知する。

中部電力は、カタールLNGプロジェクトの立ち上げ買主として1992年に長期契約を締結した。また、静岡ガスはカタールガスからのスポットLNG購入を通じてカタールガスとの関係強化を図ってきた。

世界最大のLNG供給力をもつカタールと中部電力との関係をベースに、今回静岡ガスがカタールの長期LNG買主に加わり、中部電力とカタールガスの関係強化と、静岡ガスのLNG安定供給につなげる。また、隣接するエネルギー事業者である中部電力と静岡ガスの関係強化を通じて中部地域のエネルギーの安定供給を図る。