ランボルギーニ アヴェンタドールLP700-4の純金スケールモデル

東京モーターショー11開幕に合わせて、日本国内で初公開されたランボルギーニの新型スーパーカー、『アヴェンタドールLP700-4』。海外では、その純金スケールモデルが登場し、話題になっている。

このスケールモデル、元メルセデスベンツの技術者で現在はドイツのモデルメーカーを率いるロベルト・ギュルペン氏が製作したもの。8分の1スケールで作られた、約60cmの精巧なアヴェンタドールLP700-4のスケールモデルだ。

このスケールモデル、2011年9月のフランクフルトモーターショー11の会場ですでにお披露目されているが、今回はその純金バージョンが完成。オールカーボンファイバー製のボディを、まぶしい純金で仕上げた。ヘッドライトやテールランプにはダイヤモンドが埋め込まれ、シートには1400ピースもの宝石が散りばめられる。

このスケールモデル、チャリティオークションに出品される予定。スタート価格は350万ユーロ(約3億6500万円)で、実車(日本国内価格4100万2500円)の約9倍だ。

ランボルギーニ アヴェンタドールLP700-4の純金スケールモデル ランボルギーニ アヴェンタドールLP700-4の純金スケールモデル