ドイツのブレーメン工場からラインオフした現行メルセデスベンツSLの最終モデル

メルセデスベンツの伝統のロードスター『SL』。現行型のファイナルモデルが、ドイツの工場からラインオフした。

記念式典は、メルセデスベンツの主力工場のひとつ、ドイツのブレーメン工場で実施。「R230」型と呼ばれる現行SLの最終モデルがラインを離れ、現行SLは生産を終了した。最後の1台は「SL350」グレード。ボディカラーはイリジウムシルバーだ。

現行SLの累計生産台数は、16万9434台。現行型のデビューは2001年で、約10年に渡って生産されたとはいえ、日本円で1000万円以上の高級スポーツカーという点を考慮すると、生産台数は異例の多さといえる。

次期SLは2012年1月、デトロイトモーターショー12でワールドプレミアされる予定。現行型に対して、軽量さをいっそう追求した新世代ロードスターに生まれ変わる。