VW クロスクーペ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》

フォルクスワーゲン(VW)は、第42回東京モーターショーにおいて、4ドアクーペとコンパクトSUVとをクロスオーバーさせた『クロスクーペ』を世界で初めて発表した。

スタディモデルであるこのクロスクーペは、今後のVW SUVのフロントフェイスの方向性を示しているとVWブランドのチーフデザイナーのクラウス・ビショフ氏はいう。「グリルエレメント、グリルバーとバイキセノンヘッドライトが一体化しました。これがまさにVW SUVの顔となっていくのです」。

全体のプロポーションは、長いボンネットと後方よりのキャビンで構成され、「精悍でありながらすっきりしたシェイプになりました」(ビショプ氏)。サイドには、トルネードラインと呼ばれるショルダーラインが、フロントフェンダーからリアフェンダーにかけて伸びている。これによりパワフルなサイドラインを作り出し、SUVの頑強さを形成しながらスポーツカーを髣髴させるシルエットを生み出した。

フォルクスワーゲンAGのウルリヒ・ハッケンベルク取締役は、「独創的で個性が際立ち、彫刻のようでありながら躍動的。VWの未来のSUVデザインを象徴するものです。これからもユーザーの心をつかむため心躍るような環境にやさしい素晴らしいクルマを提供し続けます」と述べた。

VW クロスクーペ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 VW クロスクーペ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 VW クロスクーペ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 VW クロスクーペ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 VW クロスクーペ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》