スバルBRZ(東京モーターショー11)《撮影 内田俊一》

富士重工業が第42回東京モーターショーに出展したスバル『BRZ』は、スタイリングデザインに関しては、共同開発パートナーのトヨタが主体で開発されたモデルである。

富士重工業側でBRZのデザインを取りまとめたデザイン部の木村弘毅さんは、「スバルとしては、パッケージングが特徴のクルマなので、そこにスバルらしさが出ています。スタイリングはトヨタのものと考えていいでしょう」と語る。

しかし、そのデザインにもスバルとしての特徴が見て取れる。「顔周りはぱっと見てもらって、ユーザーに伝わりやすい部分なので、BRZではスバルオリジナルのデザインとしました」。

つまりは、「スポーツカーらしさということで、我々の立場では、運転の楽しさがぱっと見てわかるように、なるべく機能に逆らわないように、そして、機能を尊重してデザインしています」とする。

「オーバーハングが短いのが、パッケージングの特徴のひとつなので、ぎりぎりまで肉を削ぎ落として、斜め前から見た時に、あたかもオーバーハングが無いような、そういうデザインを心がけたのです」

スバルBRZ(東京モーターショー11)《撮影 内田俊一》 スバルBRZ(東京モーターショー11)《撮影 中尾真二》 スバルBRZ(東京モーターショー11)《撮影 中尾真二》 スバルBRZ(東京モーターショー11)《撮影 中尾真二》 スバルBRZ(東京モーターショー11)《撮影 中尾真二》 スバルBRZ(東京モーターショー11)《撮影 中尾真二》