TSテックは、タイの洪水による影響で浸水していたタイ工場が12月6日からから本格的に復旧作業を開始したと発表した。

同社のタイ子会社のTSテック(タイランド)は工場のあるサハラタナナコン工業団地全体が10月初旬から浸水し、工場の操業を停止したが、11月下旬から排水作業を開始、工場敷地内の排水が完了した。これを受けて6日から本格的な復旧作業を開始した。

稼働再開の時期は未定で、まず工場の被害状況を確認・精査する。