三菱化学は6日、中国の100%子会社である青島雅能都化成有限公司のリチウムイオン電池用負極材の製造能力倍増を決定した。

青島雅能都化成は現在、年産4000tの負極材製造設備を持つ。今回、本格的に市場が拡大する車載用途や、スマートフォン用途などに対応するため、約15億円を投じて製造能力を4000t増強。2012年秋に年産8000tとすることを決定した。

三菱化学は、他社に先駆けて中国における負極材の製造能力を増強することで、競争優位性の確保を目指す。また、さらなる増設も視野に入れ、隣接する将来用地もすでに取得している。