ダイハツ・ミライース《撮影 宮崎壮人》

全国軽自動車協会連合会が6日に発表した11月の軽自動車通称名別の新車販売台数ランキングによると、ダイハツの『ミラ』が前年同月比283.5%増の2万0052台となり、2か月連続でトップとなった。

低燃費車『ミラ・イース』が引き続き好調に推移。今回2位に浮上した『ワゴンR』とは5000台以上の大差を付けた。

以下、3位は『ムーブ』、4位『タント』、5位『アルト』と、ベスト5はダイハツ、スズキの2強が独占した。

1位:ミラ 2万0052台(383.6%)
2位:ワゴンR 1万4885台(115.6%)
3位:ムーヴ 1万1324台(148.4%)
4位:タント 8270台(62.6%)
5位:アルト 7211台(118.7%)
6位:モコ 5584台(175.1%)
7位:パレット 5076台(99.6%)
8位:ライフ 4865台(122.8%)
9位:ルークス 4294台(125.4%)
10位:eK 2337台(78.7%)

スズキ・ワゴンR ダイハツ・ムーブ