本田技術研究所 鈴木哲夫 二輪R&Dセンター長《撮影 土屋篤司》

本田技術研究所は、最新技術や開発動向をメディアと共有する「ホンダミーティング」を開催した。メディアとの質疑応答に対応した本田技術研究所の鈴木哲夫二輪R&Dセンター長は、原付以上のサイズのEV二輪について「市販のタイミングは現時点では決まっていない」と話した。

ホンダは東京モーターショー11でEV二輪のコンセプトカーを出展し、積極的なアプローチを展開するスタンスを示している。

鈴木氏は「原付以上のEV二輪は開発はしていますが販売時期は決まっていません。理由は売価です」とした。

「お客様に喜んでもらえる価格設定をするのが現時点では難しいということです。日本は坂が多く、ガソリン車と同等のパフォーマンスを、と考えると、原付以上のEV二輪を市場に投入する具体的な時期は決定していません」と述べた。

ホンダ RC-E(東京モーターショー11)《撮影 安藤貴史》