イメージ

2日午後7時ごろ、熊本県大津町内の県道で、徒歩で道路を横断していたとみられる61歳の男性が、進行してきたRVにはねられる事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡。警察はクルマを運転していた24歳の男性から事情を聞いている。

熊本県警・大津署によると、現場は大津町室付近で片側1車線の直線区間。信号機や横断歩道は設置されていない。61歳の男性は徒歩で道路を横断していたとみられるが、直後に進行してきたRVと衝突した。

男性は全身を強打。近くの病院へ収容されたが、約2時間後に死亡した。警察はクルマを運転していた24歳の男性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

現場付近は事故当時に雨が降っており、視界は若干悪かった。調べに対して男性は「衝突の衝撃で初めて気づいた」などと供述しており、警察は事故発生の状況について詳しく調べている。