三菱自動車、ノルウェーで1000台目となる i-MiEV を納車

三菱自動車は6日、ノルウェーで1000台目となる電気自動車『i-MiEV』を納車したことを発表した。ノルウェーの首都オスロ市において12月5日(現地時間)、1000台目の購入者とともに、ノルウェー王国環境大臣・開発大臣であるエーリク・ソールハイム氏が出席し、1000台目の納車を記念する式典が行われた。

ノルウェーでは、充電設備の整備が進み、電気自動車購入者に対する優遇制度が充実。i-MiEVはノルウェーで2011年1月に発売して以来、2011年のガソリン車も含めた小型車クラス(Aセグメント車)で累計販売台数1位となるなど、同国の市場ニーズに合う車として受け入れられている。

三菱 i-MIEV(写真は日本仕様)