2日午後7時15分ごろ、群馬県邑楽町内の国道354号で、交差点を進行していた軽乗用車と小型バイクが出会い頭に衝突する事故が起きた。この事故でバイクを運転していた87歳の女性が収容先の病院で死亡している。

群馬県警・大泉署によると、現場は邑楽町狸塚付近で片側車線の直線区間。信号機は設置されておらず、交差する町道側には一時停止義務がある。87歳の女性が運転する小型バイクは町道を走行していたが、交差点へ進入した直後に左方向から進行していた軽乗用車と衝突した。

バイクは転倒し、女性は路上へ投げ出された際に全身を強打。近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡した。警察はクルマを運転していた20歳の女性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

事故の状況から、警察ではバイク側が一時停止を怠った可能性が高いとみて、事故発生に至った経緯を詳しく調べている。