2012年モデルのヒュンダイ『ユニバース』《撮影 石田真一》

ヒュンダイは東京モーターショーの会場で、大型観光バス『ユニバース』の2012年モデルを発表した。フェイスリフトを実施。バス用としては国内で初めてLEDラインライトも採用している。

ユニバースは2009年2月に日本国内での販売を開始。2010年12月にはポスト新長期排出ガス規制をクリアした改良モデルを投入したが、国内ではこれまでに約180台を販売しているという。

国内3社(日野、いすゞ、三菱ふそう)のハイデッカータイプに比べ、2割ほど価格がやいことも特長のひとつだが、信頼性や高速走行時の快適性が評価され、事業者間の口コミで発注数が増えている。ここ数年で急激に増加した「格安な料金を特長とする」高速ツアーバス運営会社でも多く採用されており、2012年も100-150台程度の輸入・販売を見込んでいるようだ。

東京モーターショーの会場で展示しているのは、シート配列が横2+1で27人乗りの豪華仕様。これまでに販売した車両は通常の横2+2配列が多かったが、今後は豪華タイプのアピールもしていくという。

トランスミッションはZF製の6速MT。運転手からの評判も悪くないという。《撮影 石田真一》 日本ではすでに約180台のユニバースが走っている。展示モデルは横2+1配列で27人乗りの豪華仕様。《撮影 石田真一》 韓国内で優等高速バスとして走っているものと、ほぼ同タイプ。《撮影 石田真一》 プレスカンファレンスには本国の幹部も駆けつけた。《撮影 石田真一》 マルチファンクションディスプレーや、ECOランプも採用。《撮影 石田真一》 日本国内のユーザーの声に応え、2012年モデルではフェイスリフトを実施。《撮影 石田真一》 ヒュンダイブース。《撮影 石田真一》