本田技術研究所 野中俊彦 四輪R&Dセンター長《撮影 土屋篤司》

本田技術研究所は、最新技術や開発動向をメディアと共有する「ホンダミーティング」を開催した。メディアとの質疑応答に対応した本田技術研究所の野中俊彦四輪R&Dセンター長は、今後の動力システムについて「当面はガソリン車中心で動く」との見解を示した。

野中氏は「今、世の中は変化の最中であり、何が正解かはわかりません。ただ、全方位でいく技術は用意しました」と述べた。

そのうえで「ここからどのように事業を考えるか。研究所としてどうするかということ」。「お客様の手がもっとも届きやすいものがガソリン車。ガソリン車を高効率にしながら、ダウンサイジングなどに取り組みます。当面はガソリン車を中心に動いていくのでは、と読んでいます」とした。

さらに「環境と、ホンダらしい“FUN”をいかに表現していくかというところが課題です」とコメントした。

東京モーターショー2011 ホンダブース 《撮影 椿山和雄》 ホンダ CR-V(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》