プジョー(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》

東京モーターショー11、プジョーのブースでは、『3008 HYbrid4』『RCZ』『508』の3台を展示した。

中でも最も注目はディーゼルエンジンと電気モーターのハイブリッド車、3008 HYbrid4だ。2012年に欧州発売の参考出品モデルだが、右ハンドル車を持ってきて展示するなど、日本での発売を視野に入れていることが明らかだ。

次は508。今年国内発売され、上級セダンとして高い評価を受けているモデル。日本国内ではワゴンタイプの「SW」の人気が出そうだが、あえてセダンを展示した。そして、そして、2ドアクーペのRCZもハイパワーな左ハンドルモデルの特別仕様車を展示した。

人気シリーズの『207』も『308』の展示はなく、どちらかというと玄人受けするクルマだけを並べたプジョー。206から続くお洒落、可愛いというブランドイメージを払拭しようとしているかのようだ。

3008 HYbrid4(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》 3008 HYbrid4(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》 3008 HYbrid4(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》 508(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》 508(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》 RCZ(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》