昭文社は、子会社のマップル・オンがアンドロイド向けアプリ『ことりっぷ』の販売を開始したと発表した。

旅行ガイドブックのことりっぷは20〜30歳代の働く女性に週末の「等身大の旅」を提案したもの。2008年に発売以来、「小紋柄の表紙やテイストがかわいい」や「情報が信頼できる」など女性を中心に人気を集めている。

今回、ことりっぷのアンドロイド版アプリを配信する。ことりっぷアプリは、「おとなかわいい」の本のテイストはそのままに、電子版ならではの便利な機能とかわいさをプラスしたと、している。

本の誌面をスムーズに閲覧できるほか、気になるスポットや情報部分をタッチするだけで地図の表示やルート検索、スポットのホームページへのリンク、電話発信など、旅をする際に便利な機能を組み込んだ。詳しい情報などへのページリンクもタッチするだけで見たいページへ移動できる。

誌面を見ながらタッチ1つで感覚的に操作ができる。さらに行きたいスポットや気になる情報に「シール」を貼って自分が気になった部分だけのリストを作成、行きたいところを現在地から近い順に並べ替えるなど、旅先でスムーズに回ることを支援する。

昨年12月にダウンロードを開始したiOS向けはダウンロード数がすでに12万件を超えている。