2011-2012年日本カーオブザイヤーは電気自動車の 日産リーフ。《撮影 椿山和雄》

日産『リーフ』が選ばれたのは、まさに時代を象徴するクルマだからだ。

EVはCO2削減の大きなメリットがあるものの、インフラの整備などネックはあるが、誰かがいつかは越えねばならないターニングポイントだ。その一線を越えた先見性とクルマの仕上がりの高さに賛同したい。

インポートカーオブザイヤーのメルセデスベンツ『Cクラス』はマイナーチェンジモデルだが、それだけに熟成度が高くそれが評価されたもの。異論はない。

また、マツダ『デミオSKYACTIV』が実行委員会特別賞に選ばれて良かった。ガソリンエンジンの基本を見直し根本的低燃費特性を開発した点は大いに評価したい。以前にあった「モスト・アドバンスド・テクノロジー賞」なども復活して欲しいところだ。


津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場し、その後日産、トヨタ、いすゞのワークスドライバーとして活躍。現在は自動車雑誌、ラジオ、Car Worldなどに試乗記を書く。サーキット走りとパソコン大好き。今は自転車に凝る。

2011-2012年日本カーオブザイヤーは電気自動車の 日産リーフ。《撮影 椿山和雄》 日産 リーフ は開票開始から得票を伸ばした。(写真:東京モーターショー会場) メルセデスベンツ Cクラス《撮影 宮崎壮人》 メルセデスベンツ Cクラス《撮影 宮崎壮人》 マツダ デミオSKYACTIV《撮影 宮崎壮人》