日産 リーフ は開票開始から得票を伸ばした。(写真:東京モーターショー会場)

12月3日、東京モーターショーの会場で、第32回2011-2012年日本カー・オブ・ザ・イヤー?が発表された。審査委員60名による投票結果で、日産『リーフ』は得票数522票とダントツでトップであった。

最終選考の投票は、持ち点配分法によって行われ、各選考委員が持ち点25点を対象車10車のうち5車に配点する。そのうち最も高く評価するクルマとして、必ず1台に10点を与えることになっている。

10ベストの得票順
●522票:日産リーフ
●174票:メルセデスベンツCクラス(セダン/ステーションワゴン)
●170票:プジョー508
●142票:マツダ・デミオSKYACTIV
●134票:ボルボS60/V60
●106票:ダイハツ・ミライース?
●101票:VWパサート(セダン/ヴァリアント)
●90票:BMW1シリーズ
●39票:トヨタ・プリウスα
●22票?:ホンダ・フィットシャトル

日産 リーフ は開票開始から得票を伸ばした。(写真:東京モーターショー会場) 日産 リーフ は開票開始から得票を伸ばした。(写真:東京モーターショー会場) 日産 リーフ は開票開始から得票を伸ばした。(写真:東京モーターショー会場) 日産 リーフ は開票開始から得票を伸ばした。(写真:東京モーターショー会場)