関東自動車工業が手がけたトヨタアクア ファンコンセプト(東京モーターショー11)

11月30日に開幕した東京モーターショー11。トヨタグループの関東自動車工業は、トヨタの新型ハイブリッドコンパクトカー、『アクア』を早くもカスタマイズし、初公開した。

新型アクアと関東自動車工業は、縁が深い。というのも、アクアは同社の岩手工場で生産されるモデルだからだ。関東自動車工業の服部哲夫社長はアクアのワールドプレミアの場で、「岩手工場内の開発センターの人員を増やす」と宣言しており、アクアは同社にとって、かなり重要なモデルに位置づけられる。

関東自動車工業のブースに展示されたアクア、車名は『アクア ファンコンセプト』と命名。アクアのボディに、前後バンパースポイラーやサイドスカート、ディフューザーを装着。足回りはアルミホイールを17インチへサイズアップし、スポーツサスペンションを組み込んだ。

ボディカラーは、イエローとオレンジの2台を製作。イエローの1台は、アルミホイールのリムにも黄色をあしらい、ボディカラーとの調和を図っている。

関東自動車工業は、「アクアファンコンセプトは、アクアをよりスパイシーにドレスアップしたコンセプトカー」と説明している。

関東自動車工業が手がけたトヨタアクア ファンコンセプト(東京モーターショー11) 関東自動車工業が手がけたトヨタアクア ファンコンセプト(東京モーターショー11) 関東自動車工業が手がけたトヨタアクア ファンコンセプト(東京モーターショー11) 関東自動車工業が手がけたトヨタアクア ファンコンセプト(東京モーターショー11) 関東自動車工業が手がけたトヨタアクア ファンコンセプト(東京モーターショー11) 関東自動車工業が手がけたトヨタアクア ファンコンセプト(東京モーターショー11)