エアフリーコンセプトのデモカー《撮影 森口将之》

ブリヂストンの第42回東京モーターショーでの主役は、「非空気入りタイヤ(エアフリーコンセプト)」だった。

非空気入りタイヤは、ブリヂストンが以前から環境対策の一環として開発を進めてきたもので、タイヤ側面に張り巡らせた網のような特殊形状スポークが荷重を支持することで、空気の充填を不要としたものだ。

サイドウォールも不要となっており、スポークにはリサイクル可能な熱可塑性樹脂を使用するなど、環境対応型の構造としている。ブースではシニアカーに小径タイプを装着し、デモ走行を行っていた。

この他ブリヂストンでは、乾燥、湿潤、凍結などの路面状態をリアルタイムに判定しドライバーへ伝達するCAIS(カイズ)コンセプト、ハーフウェイトコンセプトと呼ばれる軽量化技術、次世代ランフラットタイヤ、省燃費タイヤ「エコピア」などを展示していた。

ブリヂストンブース《撮影 森口将之》 エアフリーコンセプト《撮影 森口将之》 CAISコンセプト《撮影 森口将之》 ハーフウェイトコンセプト《撮影 森口将之》 ランフラットタイヤ《撮影 森口将之》 省燃費タイヤ「エコピア」《撮影 森口将之》