サイオンFR-S(日本名:トヨタ86)と米国トヨタ販売のジャック・ホリス副社長

全体相場は小幅続伸。米国市場が小反落したことで、世界同時株高が一服。11月の米雇用統計発表を控えて模様眺め気分が強い中、朝方は輸出関連株を中心に利益確定の売りに押されたが、売り一巡後に買い戻しが入った。

平均株価は前日比46円37銭高の8643円75銭と続伸。もっとも、取引は低調で東証1部の売買代金は3日ぶりに1兆円を割り込んだ。

自動車株は高安まちまち。トヨタ自動車が27円高の2594円と続伸。11月24日の年初来安値2330円から10%強戻したとあって利益確定売りが出たが、引けにかけて買い戻された。独BMW社との提携については、改めて材料視されなかったもよう。

日産自動車が8円高の709円と続伸し、スズキ、日野自動車がしっかり。

一方、ホンダが5円安の2479円と反落。富士重工がさえない。

ホンダ マイクロコミューターコンセプト(東京モーターショー11)《撮影 安藤貴史》 トヨタ86の北米仕様、サイオンFR-S