東京モーターショー11 ポスター

東京モーターショー2011は2日、東京ビッグサイト内の国際会議場で開会式を行い、主催者である日本自動車工業会の豊田章男副会長の開会宣言で開幕した。

自工会の志賀俊之会長は、開会式の挨拶で「24年ぶりに会場をここ東京に移し、新生東京モーターショーとして開催する。『世界はクルマで変えられる。』をテーマに、クルマは環境やエネルギー問題に対処できるというメッセージを、明るく大胆に発信していきたい」と述べた。

また、特設会場での次世代車の同乗試乗や、自動走行のデモンストレーションなどを通じ「一人でも多くの方にクルマファン、バイクファンになっていただけるよう取り組んでいきたい」と語った。

一般公開が始まる3日午前には、自動車メーカー各社のトップらによるオープニングパレードや、自工会の正副会長5人によるトークセッションも行われる。自工会は11日までの会期中、80万人の動員を目標にしている。

東京モーターショー2011 トヨタブース《撮影 椿山和雄》 東京モーターショー2011 日産ブース 東京モーターショー2011 ホンダブース 《撮影 椿山和雄》 三菱 ミラージュ(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》 マツダ TAKERI(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 スバル BRZ GT300仕様(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 スズキ コンパニオン(東京モーターショー11)《撮影 池田忍》 ダイハツ コンパニオン(東京モーターショー11)《撮影 池田忍》 MINIクーペ(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 アウディ A1 サムライブルー(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》 ルノー(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》