プリウスPHV《撮影 椿山和雄》

豊田自動織機は1日、プラグインハイブリッド車(以下 PHV)および電気自動車に対応した家庭用充電装置を、日東工業株式会社と共同開発したと発表した。

一般家庭の車庫などへの設置に適したシンプルで使いやすい機能・デザインとし、トヨタホームに供給を開始した。

今回開発した充電装置は、本体に充電ケーブルを装備。車載ケーブルを取り出す手間を省くことができ、利便性に優れた製品となっている。また、充電装置と車両が信号通信を行い、接続を確認する機能により、安全に充電することができる。

豊田自動織機では、同製品の年間販売目標を5000台とし、国内外の市場に供給していく。

充電装置が必要となるトヨタ プリウスPHV プリウスPHV《撮影 小松哲也》