【スマートモビリティアジア】個性派ナビサービスのエディアが新アプリを披露

福岡で開催中のスマートモビリティアジアにおいて、ユニークなPSP用カーナビ、『MAPLUS』シリーズで知られるエディアが新しいスマートフォン用アプリを参考出品した。

MAPLASは携帯ゲーム機のPSPにGPSレシーバーを取り付けて使用するカーナビソフトで、PSP用の実用ソフトとしては最大のヒット作となっている。現在は『MAPLUS ポータブルナビ3 2011年度版』が発売されており、カーナビとしての実力もさることながら、アニメの人気声優を起用したユニークな音声案内や人気アニメ作品とコラボしたきせかえ機能が人気となっている。

今回、初披露された『MAPLUS For スマートフォン(仮称)』は、PSP用のMAPLUSのテイストをそのままスマートフォンアプリに移植したもの。声優による音声案内やきせかえ機能も継承される。発売時期や価格は未定だが、iOS用、Android用ともに発売される見込みだ。

なお、展示はなかったものの、エディアでは最新のゲーム機PSVita用のMAPLUSも発売予定。PSVitaはGPSアンテナを内蔵しているのでオプションなしでカーナビとして使うことができる。

【スマートモビリティアジア】個性派ナビサービスのエディアが新アプリを披露 【スマートモビリティアジア】個性派ナビサービスのエディアが新アプリを披露