日産リーフ

日本自動車殿堂イヤー賞は、日本自動車殿堂の会員であるのべ47名の大学教授や研究者による審査によって、最も優れた乗用車およびその開発グループを選出する。

今回、日本自動車殿堂カーオブザイヤーには日産『リーフ』が選ばれた。また部門別ではインポートカー部門でVW『パサート』、カーデザイン部門で日産『リーフ』、カーテクノロジー部門でマツダ『デミオ』がそれぞれ選ばれた。

カーオブザイヤーに選ばれたリーフは、世界に先駆け量産型EVを開発した勇気、海外でも認められた高い商品力、自動車の利便性を拡張したEV-ITシステムなどが評価された。

マツダ・デミオ 13-SKYACTIV VWパサート