ホンダCRF250L(東京モーターショー11)《撮影 佐藤隆博》

ホンダは東京モーターショー11において、『CRF250L』を初公開した。

ホンダはデュアルパーパスモデルとして長年リリースしていた「XR250」を、2007年9月の自動車排出ガス規制強化により生産終了した。それ以降、250ccモデルのデュアルパーパスモデルはリリースされていなかったが、今回ワールドプレミアとしてCRF250Lを出展。市販予定化モデルとのことで、多くの来場者から注目を浴びていた。

CRF250Lは、249cc水冷4ストロークDOHC単気筒エンジンを搭載したフルサイズのデュアルパーパスモデル。サスペンションはフロントに倒立タイプ、リアはプロリンクサスペンション、アルミスイングアームの組み合わせとなっている。フレームはスチール製だが、本田技術研究所の塚本飛佳留氏によると、「フレームの形状をスチールのオーバルツインチューブにすることで、適度なしなりと剛性を両立させ、非常に乗りやすいバイクになっている」とのことだった。

ホンダCRF250L(東京モーターショー11)《撮影 佐藤隆博》 ホンダCRF250L(東京モーターショー11)《撮影 佐藤隆博》 東京モーターショー2011 ホンダブース 《撮影 椿山和雄》