住友ゴム工業のプレスブリーフィング

住友ゴム工業は、石油や石炭などの化石資源をまったく使わない「100%石油外天然資源タイヤ」のプロトタイプを今回の東京モーターショーで発表した。

同社では以前から、化石資源への依存度を最小限に抑える取り組みを進めており、2007年には石油外天然資源の使用比率を97%にまで高めた「ダンロップ・エナセーブ97」を発表している。そして今回、残り3%を占める老化防止剤、加硫促進剤、カーボンブラックについても、バイオマス資源を活用することで天然資源化に成功したという。

住友ゴム工業ではこの「100%石油外天然資源タイヤ」を2013年に発売すべく、開発を進めていくことを明らかにした。

さらに今回のモーターショーでは、新材料開発技術「4D NANO DESIGN」を確立したことも発表した。高性能・高品質なタイヤを開発するためには、材料開発技術の進化が重要であることから、「調べる」「予測する」「作る」「引き出す」の4つの技術を融合させることで、材料をナノレベルでコントロールすることを可能とし、高精度なタイヤ開発を実現したものだ。

こちらの新技術は、2012年2月に発売するダンロップ『エナセーブPREMIUM』に採用していく予定。同タイヤはJC08モード燃費試験で、約6%の燃費アップを実現しつつ、ウェットブレーキ性能は約9%の向上を確認しているという。

住友ゴム工業社長の池田育嗣氏 「100%石油外天然資源タイヤ」のプロトタイプ 「ダンロップ・エナセーブPREMIUM(手前)」 「100%石油外天然資源タイヤ」のプロトタイプ 「エナセーブ」の転がり抵抗の少なさを確認できるデモンストレーション 「4D NANO DESIGN」の技術展示