BMWアルピナB6 Bi-Turboクーペ(東京モーターショー11)

BMWをベースにしたコンプリートカーを手がけるアルピナは、11月30日に開幕した東京モーターショー11において、『B6 Bi-Turboクーペ』を初公開した。

アルピナ社は1961年に創業。BMWのチューニングを行う小さな会社だったが、1964年にはその実力がBMW本社に認められ、BMW公認チューナーに。そして、1983年には、ドイツ政府から自動車メーカーとしての認証も受けた。アルピナの新車には、BMWのメーカー保証が適用される。

そんなアルピナの最新作が今回、東京モーターショー11でワールドプレミアされたB6 Bi-Turboクーペ。新型BMW『6シリーズクーペ』をベースにしたモデルだ。アルピナはすでに、新型BMW『6シリーズカブリオレ』をベースにした『B6 Bi-Turboカブリオ』を発表。そのクーペ版に位置づけられる。

エンジンは、「650i」用の直噴4.4リットルV型8気筒ツインターボをチューニング。最大出力540ps、最大トルク71.4kgmを引き出す。これは650iに対して、133ps、10.2kgmの上乗せだ。B6 Bi-Turboカブリオとの比較でも、最大出力は33ps引き上げられている。

トランスミッションは、ZF製の8速AT。0-100km/h加速は4.4秒、最高速は320km/hの実力だ。ちなみに650iは、0-100km/h加速4.9秒、最高速250km/h(リミッター作動)である。

内外装は、アルピナ流儀のモディファイ。前後スポイラー、20インチのマルチスポークのアルミホイール、スポーツステアリングホイール、レザーシートなど、控えめな演出だ。

BMWアルピナB6 Bi-Turboクーペ(東京モーターショー11) BMWアルピナB6 Bi-Turboクーペ(東京モーターショー11) BMWアルピナB6 Bi-Turboクーペ(東京モーターショー11) BMWアルピナB6 Bi-Turboクーペ(東京モーターショー11) BMWアルピナB6 Bi-Turboクーペ(東京モーターショー11) BMWアルピナB6 Bi-Turboクーペ(東京モーターショー11)