ヤマハ SEROW250(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》

ヤマハ発動機は、オフロード走行性を備えるマウンテントレール『SEROW(セロー)250』のグラフィックなどを変更した2012年モデルを2012年1月30日から発売すると発表した。

2012年モデルは「パープリッシュホワイトソリッド1」をベースカラーとした「ホワイト/グリーン」と「ホワイト/レッド」の2色設定となる。

SEROW250の定番カラーである「ホワイト/グリーン」車は、シートをブラックのモノトーンとし、従来モデルで人気のあったゴールドホイールを新たに装着した。また、「ホワイト/レッド」車は「レッド/ブラック」のツートンシートに赤を引き立てるシルバーホイールを装着した。

SEROW全モデルには、ガソリンタンク側面のシュラウドには「SEROW」伝統のカモシカの顔を鮮やかにあしらった印象的なグラフィックを採用する。

年間1200台の販売を計画している。価格は49万3500円。

ヤマハ SEROW250(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 ヤマハ SEROW250(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 ヤマハ SEROW250(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 ヤマハ SEROW250(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 ヤマハ SEROW250(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》