ヤマハ XVS400ドラッグスター(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》

ヤマハ発動機は、空冷Vツインエンジン搭載のクルーザー、『XVS400ドラッグスター』と『XVS400Cドラッグスタークラシック』のカラーリングなどを変更した2012年モデルを2012年1月10日から発売すると発表した。

XVS400ドラッグスターに設定する新色「ディープレッドメタリックK」(レッド)仕様は、燃料タンクの両サイド部に躍動感あるフレアパターングラフィックを採用。人気の「ブラックメタリックX」(ブラック)はグラフィックを廃し、立体エンブレムとすることでシンプルで力強いイメージに仕上げた。

重量感ある鉄製のディープフェンダーなどを装備するXVS400Cドラッグスタークラシックは、「ブラックメタリックX」(ブラック)、「ニューパールホワイト」(ホワイト)ともにグラフィックを変更した。シルバー色エンジンとツートンシートを採用し、「Classic」イメージを強調した。

シリーズ合計で年間販売計画は1000台。価格はXVS400ドラッグスターが81万2700円、XVS400Cドラッグスタークラシックが85万2600円。

ヤマハ XVS400ドラッグスター(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 ヤマハ XVS400ドラッグスター(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 ヤマハ XVS400ドラッグスター(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 ヤマハ XVS400ドラッグスター(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》 ヤマハ XVS400ドラッグスター(東京モーターショー11)《撮影 雪岡直樹》