トヨタ/アイシン・エーアイAZ6(東京モーターショー11)《撮影 中尾真二》

トヨタとスバルの共同開発による『86』と『BRZ』。エンジンはスバルの水平対向エンジンだが、トランスミッションはアイシン・エーアイが開発したものだ。

アイシン・エーアイは、アイシングループの中でもマニュアルトランスミッションを専門に開発している会社だ。同社が86およびBRZのために開発したのは「AZ6」という6速トランスミッション。ブースの担当者によれば、ベースはトヨタ『アルテッツァ』のトランスミッションだが、最終的には「ハウジングからギアまでほとんど設計しなおしとなり新規開発と同じ」になってしまったという。

また、同社としてもスバルのエンジンのためのトランスミッションというのも始めての開発だったそうで、「振動やトルクの特性など、エンジンが変わればすべての条件が変わるため、ケースの構造解析やギアノイズの低減など、さまざまなシミュレーションが大変だった」という。

なお、同社のブースには、他にもレクサスGSのアクティブステアリング用のアクチュエーターなども展示されていた。

トヨタ/アイシン・エーアイAZ6(東京モーターショー11)《撮影 中尾真二》 アイシングループ(東京モーターショー11)《撮影 中尾真二》 アイシングループ(東京モーターショー11)《撮影 中尾真二》 アイシングループ(東京モーターショー11)《撮影 中尾真二》 アイシングループ(東京モーターショー11)《撮影 中尾真二》