2012年元日から対距離料金制へと以降する阪神高速が、均一料金最後の1日乗り放題パスを販売中だ。どこから乗っても、どこで降りても、1日何回乗っても1200円だ。

二輪車を含む普通車を対象に、各日先着1000人の限定。12月11日までの土曜と日曜だけ、残り4日間の実施だ。乗り放題は11月26日から実施されている。

08年から始まった乗り放題パスは、年2回ほど実施され、同社広報担当によると「利用されている人は増え続け、最近では定員でいっぱいになることも多い」(同社広報担当)と、関西ではおなじみになっている。

車載器番号と希望日を登録するだけで、申込みもキャンセルも、同社ウェブサイト上でできるため使い勝手もいい。しかし、来年からの対距離料金制以降で、この1日乗り放題パスが続くかどうかは不透明。

「均一料金では神戸と大阪の片道だけで1200円。往復するだけで得になった。しかし、来年も継続するか、取りやめるか。現時点では判断がつかない」(同上)

もともと“走ってもらえば阪神高速の使い勝手もわかってもらえる”という趣旨で実施が始まり、観光シーズンに合わせて実施されたため、高速道路周辺の観光地にも好評だった。それも最後の乗り放題となる可能性がある。